気仙沼から

気仙沼の情報から、趣味のことまで幅広ーく

つつじ祭りにどうぞ!

 

こんにちは。ゴールデンウィークも終わり、

母の日も終わり、次は…そう、徳仙丈つつじ祭りですね!!!(無理やり)

 

実は先日5/10、徳仙丈まで行ってきました(*^^*)

ですが残念なことに…満開はまだでした(笑)

f:id:kumanekozoku-kesennuma27:20170515124629j:plain

f:id:kumanekozoku-kesennuma27:20170515124638j:plain

f:id:kumanekozoku-kesennuma27:20170515124646j:plain

f:id:kumanekozoku-kesennuma27:20170515124655j:plain

f:id:kumanekozoku-kesennuma27:20170515124712j:plain

平日っていうこともあるけど、車はなし…

霧もひどく、富士の樹海にでも来たかと思いました…。

去年は終わりがけ、今年は一歩はやかったね(+_+)

 

さて、みなさんには一面真っピンクで鮮やかなツツジ

見ていただきたいと思います。

 

【徳仙丈つつじ祭り

《本吉側】

日時:5月20日(土)午前10時~

場所:徳仙丈山お祭り広場

内容:出店、登山者案内

問い合わせ先:徳仙丈山つつじ祭り実行委員会

0226‐42‐3784

 

気仙沼側》

日時:6月4日(日)午前10時~午後2時

場所:徳仙丈山森林文化センター

内容:木遣り会によるオープニング、歌謡交流会、出店etc...

問い合わせ先:徳仙丈のつつじを愛する会

090‐4884‐3499

 

大体、この時期に満開するのかなぁ?

皆さん、ぜひぜひいらしてください🌸🌸🌸

さて、これから少し買い物に行きます…。

気仙沼ドン・キホーテ「クボホームセンター」へっ!

バイバイ!

日本最大級のツツジ🌸

お久しぶりです!

また日が開いてしまいましたね。

ゴールデンウイークも終焉を迎えようとしていますが、

皆さまはどのように過ごされましたか?

 

私は普段の倍以上のお客様の入りのため大忙しで、

仕事以外の時間は屍みたいでした(+_+)

北は北海道、南は沖縄まで全国の方が気仙沼に来てくださいました。

ツーリングで来る男性集団や、大安の日に合わせた結婚式の新郎新婦の

ご友人の方たちのご宿泊など、様々でしたね。

みんな、「遠いね~」と口をそろえて言っていたのが印象的…!

道も混んでいただろうし。本当にようこそ、という感じです。

 

さて、ゴールデンウイークも終わりですが、気仙沼はまだまだこれから!です。

それも、徳仙丈のツツジが見ごろを迎えるのです。

 

徳仙丈は、気仙沼市の西部に位置する標高711メールの山で、

国内最大級の、ヤマツツジレンゲツツジが見られると言われています。

 

その数おおよそ40万本とのこと。じぇじぇじぇ、っていう感じですね…。

 

私は昨年の5月の末に見に行きましたが、そのときはもう終わりを

迎えていたので、見ごろは5月の中旬なのかなぁ?

それでも、この鮮やかさです…。

f:id:kumanekozoku-kesennuma27:20170515130249j:plain

f:id:kumanekozoku-kesennuma27:20170515130258j:plain

 

緑の中のツツジも一層映えて美しく見えますね。

ちなみに徳仙丈は気仙沼市内から車で30分ほどです。

私もいけたら行くので、また写真を更新したいと思います!

皆さんもぜひぜひ~鮮やかなツツジを見に気仙沼まで!!

 

簡単な文章でごめんなさい。。

今からシャワーを浴びて仕事の準備をしてから、

明日タコ焼き器で明石焼きを作るのでタコを買いに行ってきます!またね~

【ふかひれ】様

こんばんは。
今日は久しぶりの日勤のため、早い時間に帰宅できました!!
夕ご飯は、先日もらった五穀クラッカーと、新玉サラダ!
これが辛くて辛くて…食べるのに30分くらいかかった(笑)

さて、今日は何を書こうか…。
【ふかひれ】について書こうかな…?
なんでかっていったら、気仙沼といったら【ふかひれ】を

思い浮かべる人が多いかなぁ、と思って。
でも、実際に住んでみると、【ふかひれ】を食べる機会はまずない。。
っていうか、ふかひれラーメン2,500円とか高すぎるよね(:_;)

 

【ふかひれ】は、中国の明の時代から食べられた歴史を持ちます。
なんでもふかひれの主成分であるコラーゲンが美肌を作る!と、
西太后(1835年~1908年)が好んだとのこと。

 

気になるのが、なぜ【ふかひれ】ってそんなに高級品なのかと。
まず、【ふかひれ】と呼ばれる部分は、サメ本体の0.5%~1%のヒレから、
皮や肉などを取り除いたものを干したものなのです。

江戸幕府の時代には、金・銀・銅の代わりに中国へ輸出していたらしく、
どれほど高級だったか想像することができますね…。

 

ちなみに【ふかひれ】という名前は、
鱶鰭という漢字にするとわかりますが、
鱶(フカ)☞=サメのこと。西日本では大型のサメのことを言うみたいです。
鰭(ヒレ)☞魚類をはじめ多くの水生脊椎動物にみられる運動器官。

 

そのまま、サメのヒレっていうことですね♪笑
私自身、ふかひれ自体を食べた記憶はそんなにありません。。
みなさんにオススメなのが、気仙沼ならどこでも売っている?!
気仙沼ほてい株式会社さんの『ふかひれ濃縮スープ』。

今は、広東風、四川風、北京風をはじめ、クラムチャウダーもあるみたい!
私は、祖母がよくお土産でくれた広東風の『ふかひれ濃縮スープ』が大好きです。

卵があるだけで、あんなに美味しいスープは飲めて、
ふかひれまで感じることができるなんて最高ですよね!

気仙沼にお越しになった際は、ぜひ探してみてください!

f:id:kumanekozoku-kesennuma27:20170515130410j:plain

f:id:kumanekozoku-kesennuma27:20170515130418j:plain

 

探したら、ふかひれ食べてました!!去年2016年の7月、祖母と大島の休暇村にいったとき。

1枚目は、ふかひれの玉地蒸し、

2枚目は、ふかひれ釜飯~!

美味しかったな、贅沢だったなぁ~。

 

おなかが空いてくるので、ここまでで。おやすみなさい。